今回のアップデートの注目は
•次世代ION 向けサポートの追加。
•数々のバージョン196.21 WHQLのゲームでのパフォーマンスを向上。
でしょう

次世代IONというのは多分ノートPCに載っているGPUチップのことでしょう。
バッテリー消費具合が大分改善されるみたいです。

ボードタイプのほうには効果があるのかはよくわからないんだけど、
L4Dがシングルカードで30%パフォーマンスアップというのは適応具合が半端ねぇ。
実際のパフォーマンスはAMDよりNvidiaのほうが高いなんてことになりそうです。

前回のアップデートではオーバークロック、ダウンクロックをする
システムツールが使えなくなってしまったので今回はどうなるかちと不安。
一応既存サポートに入ってるんだけどなぁ…

もう一つの不安なところは前アップデート物はwin7のほうでゲーム走らせるとやたらガクガクしてた点。
クロシコのサポート見てたらこんなのが…
>「他のベンチがOKでFF11だけが重いという事は、FF11は確かDirectX8のゲ
>ームだから新しいグラボはそこらへんが苦手なのかも、そうなると(グラボ
>の?)メーカーがパッチなどの対策をしないと無理かも…」という話でした。
もしかしてこういうのが原因か!

ドライバダウンロード