とある人のツイートにこんな話を見かけた。

DPI400のゲーム内10とDPI800のゲーム内5ってなんか変わるんですか?
— 変わらないんじゃない?最近まで長いこと400dpiとかにしてましたけど今は800dpiにしてますが、違いはよくわかりません


これを見て本当に同じなのだろうかとふと疑問に思ったので記事にしてみた。

センシの掛け算は一体何が違うのか

マウスのdpiとはdot per inchの略で、1インチで何ドット動くかを示しています。

それでは1dpiと2dpiで比べてみましょう。
同じwindowsセンシの環境で、異なるdpiで比べた場合です。

1dpiの場合、1インチ動かすことでマウスセンサーが反応し1ドット動きます。
それ以下では動かないのでカーソルが動き出すには最低1インチ必要になります。

2dpiではどうなるか。同じように1インチ動かすと2ドット動きます。
つまり、動きだすのに必要な距離(センサーの感度)は1inchの半分、0.5inchになっているわけです。
この2ドットはマウスセンサーが2度反応しています。
マウスは基本的にセンサーが1回反応することで1ドット動くので、dpiが上がれば短い距離で動きます。



では、異なるdpiでマウスの動きを同じように、ゲーム側で調整した場合はどうなるか考えてみよう。
1inch動かすと、
1dpiでは1回センサーを認識し、センシ倍率10をかけて 一度に10ドットの移動になるが、
2dpiでは2回センサーを認識し、センシ倍率5をかけるので5ドット→10ドットと移動し、実際は2回の移動になります。

通常のマウスの400dpiともなると細かすぎて差が分からなくなりそうな気もしますが、一応2000dpiくらいまでは差を感じることは出来ると思います。


高dpiの利点、欠点

利点は、dpiを増やせば増やすほど細かな単位で反応してくれるようになる。
400dpi→800dpiに増やすと縦横2倍の精度つまり同じ面積を4倍細かく狙える。
1ドット未満で動かせるゲームではより精密な射撃が出来るというわけだ。
なので高dpiに低倍率をかけるのが最も細かく動かせるという結論になる。

が、これはあくまでセンサーが正常に読み取れていたらの話。
欠点は、高dpiで高速で動かすとネガティブアクセル(読み取り不良)が出やすい。
ここで加速度の何Gというスペックが大事になってくるが、どの程度必要なのか僕自身あんまわかりません。
マウスパッドとの相性や、センサーに付着したゴミなどによる誤作動もあるので、あまりにも高いdpiはオススメ出来ませんね。
高dpiであるほどマウスの細かい動きを捉えるので、手ブレまで反映されやすくなりますが、ごく微量すぎるので動きやすいプラ製マウスパッドでも無い限り、ほぼ問題のないでしょう。

ハイ・ローセンシに向いているdpiは何か

ハイセンシプレイヤーでは高dpiが良いとされる風潮がありますが、これは非常に小さな移動距離でも細かく狙うのに必要だからです。なので高dpiが必要というのは理にかなっています。

ローセンシでも本当は高dpiをオススメしたいところですが、センシの低倍率設定が現状不可能に近いです。
windowsセンシやゲームセンシでは何故か1倍以下についてやさしくない。というか超高dpiを想定してない状態なんでしょうね。
その為の専用ドライバなんでしょうけど色々な保護ソフトに弾かれたり厄介物です。
これらの事を総合的に見て、ほどほどに感じが良い800dpiくらいが個人的にオススメですかね。