制作活動(全ての記事)

SFM-02.基本的なカメラ操作方法・シーンカメラ/ワークカメラ設定・タイムライン操作

基本的なカメラ操作方法

マップをロードするとマップ内の移動が可能になる。

・Primary view port内での操作方法
操作方法効果
WASDキー上下左右移動
Zキー上昇移動
Xキー下降移動
マウス左ドラッグ視点移動
Rキー1軸視点回転動作
ホイールキーの回転視点のズーム率を変更
Ctrl+移動移動速度の低下
Shift+移動移動速度の上昇
Alt+左ドラッグ対象に対し3Dカメラ移動
Alt+ホイールクリック
Alt+右ドラッグ


scene cameraとwork camera。work cameraの追加

sceneカメラは自由視点カメラ(動き回る際に使うカメラ)である。
workカメラは固定カメラ(あるいは位置)からの見え方を確認するのに用いる。

workカメラの設置方法はCtrlキーを押したままCameraボタンをクリック。これで現在の視点がコピーされる。
追加したworkカメラと元のscene カメラの切り替えはCameraボタンで行う。

タイムライン操作

Primary view portの下部には動画作成の肝となるタイムラインというものがある。
タイムライン上部を左ドラッグすると、再生位置の変更が可能。
タイムラインの中をドラッグすると表示位置をずらす事が出来る。
Ctrl+ホイール回転でズーム率(タイムラインの見える幅)を再生位置を軸に変わる.
↑キー ショットの先頭に再生位置を移動する
↓キー ショットの最後に再生位置を移動する
動画の再生はスタートボタンあるいは再生ボタンで行う。特にまだ細かい事は必要としないので後回しにする。

SFM-01.SourceFilmMakerでCS:Sのデータを扱えるようにする

SourceFilmMakerで何か作ってみようと思ったらデフォルトではTF2のものしか使えない模様。
僕としてはCS系のデータを使いたかったので、まずは使えるようにする必要がある。
今回はCS:S(Counter Strike: Source)のデータを使った例を見ていきたいと思う。
何故今になってCS:GOではなくCS:Sのデータを使うんだと疑問に思う人もいるかもしれないが、答えはとてもシンプルで、単に僕がCS:GOのデータを保持していないからだ。

1.CS:SのデータをSFMフォルダに出力する。

GCFScapeというソフトウェアで
\Steam\SteamApps にある counter-strike source shared.gcf を開き、
全てファイルを
\Steam\SteamApps\common\SourceFilmmaker\game\hl2
に出力する
基本的にこれで準備は完了だ。

2.マップをロードして使ってみる

次にSourceFilmMakerを開く。分割画面右上のPrimary Viewport内で右クリックし、LoadMapを選ぶ。
2013-03-23_191432 load


mod filterからhl2を選ぶとCS:Sのマップデータが下に出てくるので適当に選択する。
2013-03-23_192535 nuke
これでマップがロードされた。

3.キャラクターモデルを画面上に表示する

画面左側のAnimetion Set EditorからCreate Animetion Set for new modelをクリックすると小画面が出てくる。
今回は表示するモデルを取り込んだCS:Sのキャラクターモデルのみに絞り込みたいので、上部にあるmod filterをhl2にし、下部にあるfilterをplayer等にするとキャラクターモデルが出てくる。
今回はいかしたメガネことt_leetを選択する。
2013-03-23_193626_mdoel2
するとモデルがマップ上に出現する。
2013-03-23_194821_model3


雰囲気作り

色々マップを見ていると、周りの建物とかでの雰囲気作りも大切だなと思って少し遊んでみた。

hl2 2012-09-21 05-27-08-52hl2 2012-09-22 19-22-34-04

左:csp_aztecを参考に上部に足場を作った。前より幾分かちゃんとしたマップっぽくなったかな。
右:奥に拓けてる空間を作ってみたら結構圧迫感が無くなって良かった。ただ、ハリボテでも少し手間が掛かる。

これをマップ全体でやろうと思ったらどんだけ時間掛かるのよ。やってられまへん\(^o^)/

CS:Pでプロバンスもどき 中途SS

hl2 2012-08-25 01-11-24-40hl2 2012-08-25 01-14-22-48
パクリマップから勉強してみて、ようやく多少まともな形になってきたかなぁという感じ。やっぱ外観が出来てないとまだまだ未完成に見えますね。これでもいっちゃんまともな出来なんですよ。今回は距離感の一致を目指して作りました。SAとは移動速度やジャンプ力が違うんで、中々うまくいかんとでした。

建物は柱とハリと天井をてきとーに配置してみたけど、まだ少し変なところがある気がします。角に柱をおけばいいってわけでもなく、置かないというのも構造的にどこかおかしい部分がある。現実の建物を眺めたりしてるんですが、言語化されていないと中々わからないもんですね。

もう一つわからないのがライティング。光源を作ると、必要のないオブジェクトの影まで出来てしまって、これが調整出来るのかがわからない。影系のセッティングがあるのは確かなんだが、これがどう使えば自分の求めているものになるのか。わからないだらけで難しい。それでも少しずつわかる範囲が増えてきたんで、少し動画にでもまとめようかと思ってたら、夏が終わってた。制作活動は本当時間掛かりますね・・・わからんと特に。

マジな人が作ったマップを見ると、あのクオリティにするにゃどんくらいかかるかなぁと思っちまう。建物とか構造に不自然さがなくて1人称支点で見える景観がきちんとしてるんですよね。あんな風にするには僕も窓とかそういうのをちゃんと作るところから始めんといかんのかなぁ・・・。うーん何かそういう問題でも無い気がするんですよ。

このマップはある程度は出来てるんでグラフィックをもうちょい弄ってあげれば公開出来るくらいの出来にはなると思います。


Source Film Maker

negitakuでCS:GOのメイキングムービーが公開されていましたね
『Counter-Strike: Global Offensive Trailer』のメイキングムービー公開 | Negitaku.org e-Sports
http://www.negitaku.org/news/16281/

そこに出てきたSource Film Makerはなんぞと思う方も多いかもしれない。
このソフトはValve製ゲームのオブジェクトやキャラクターを用いてアニメーションを作成出来る映像ソフトである。
つい先日ベータが終了し、一般公開されるようになった。DL可能条件はよくわからないが利用料は無料。

DLは以下から。
http://store.steampowered.com/app/1840/

このSFMでは例えば以下のようにTF2のムービーが作られている。


とてもタダとは思えないソフトで、こんなものがあっていいのか!とも思うくらいだが欠点もある。Valve系ゲームしか使えない。あくまで映像作品に使うプロモーションビデオのようだが、MMDのようなレベルより遥かに上のレベルを作れるようになったのは大きい。もちろん3D系ソフトなので、制作するなら潤沢なメモリが必要不可欠。3DCGソフトを買わずともある程度作品が出来るということで、以前より気軽に出来るようになりそうだ。まぁ、素人がいざ取り掛かろうと思ってもどうしていいのかわからないのが関の山ですが、制作好きな日本人の事。いずれ誰かが簡単なチュートリアルを作ってくれると信じたい。

hammerといい、これといい、一般人の敷居を低くしてくれるValveは凄いわ。

参考文献:2012年07月15日 動画制作要員を量産したいらしい
これを書いたKoumei Satou氏という方はCS:NEOのマッパーだったらしい。
Code Name Stingでもhammer editorのチュートリアル的なものをFAL氏やArigata氏と並んで作っている。(STING MOD tutorial)

CS:Pの水とかdxlevelのお話

CS:PではCS:Sと同様のエンジンで動いている為ほとんどCS:Sと同じ作業で進める事が出来る。
水の表現も同様で、作成する場合は基本的にテクスチャを貼ってあげるだけでいい。

が、いつの間にかきちんと描写されなくなっていて、しばらく悩まされる事になった。

↓水が白くなった様子
hl2 2012-08-19 19-37-17-07

↓正常だった頃
hl2-2011-10-24-22-55-18-67

何十回も試行錯誤でリコンパイルするハメになり、結局最低限の描写でもきちんと表示されず原因は不明のままだった。
ところが最近になっていきなり理由がわかった。
どうやらCS:Pのほうに問題があるようで、DirectXの描写レベルがDx8.1で動いているかららしい。

hl2 2012-08-19 19-42-42-62確かにDirectXが8になっている。

本来は古いDirectXでも表示されるように簡易の設定をする必要があるが、調べても結局よくわからないままだったのでその部分は諦めた。

とりあえず正常に表示されるDx9で動くようにしたい。
コンソールコマンドで「-dxlevel 9」と打つことでDirectXのバージョンを9に調整出来るらしいのがわかった。
早速やってみたらエラー。そら強制的に8.1で動くわけだわな…
さらに調べるとどうやらCS:Sでも同様の症状があったらしく、結局OS再インストールで治ったとかしか書いてなかった。
これでは問題解決にならない。今動いてくれないと困るんだが、残念ながら現状では検討が付いていない。

またしばらくしてCS:Pのchange logを眺めていたところbag fix欄に
>Fixed -dxlevel not working in the game launch options
と書いてあったので、もしかしたら次のアップデートでこの症状が治るかもしれない。
メンドクサイなぁ…

CS:P overviewを作る

overviewとはレーダーに表示されるアレである。
デフォルトでは生成されない為手動で作成してやる必要がある。

tendonさんのところの文献(マップオ-バ-ビュ-の作成)を参考に進めると、11の
>コンソ-ルで投影デ-タ(位置とスケ-ル)を更新することができます。例:"Overview: scale 6.00, pos_x -2651, pos_y 4027"
という段階でそんなコマンドは無いよと言われる。CS:Pではまだ対応していないらしい。
scale(倍率)が変更出来なくて1倍のままなので何枚も撮ってくっつけなければならない。
面倒なのでここで辞めた。1.09では改善していると思うのでアップデートを素直に待つことにします。

参考文献。(原文)
developer community - Level Overviews(ENG)
https://developer.valvesoftware.com/wiki/Overview

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
Auther:TEBA
・Play FPS Games
SA
・プレイ保留中
CSO/CS1.6/SF2/CS:P/
・Played FPS games
AVA/CS:S/CF/Sting/S.O.W/AD/トイウォーズ

  • ライブドアブログ